• 温泉について

幻想的なかまくら風呂で癒しの時を。

日本最北端の地で、ゆっくりと旅の疲れをいやすひと時。
泉質はしっとりつるつる、肌あたりのやわらかなお湯。
内湯、露天風呂とつながるかまくら風呂は、
雪の多い北海道の冬を彷彿とさせ、「雪あかりの湯」と呼ばれています。
かまくら風呂は、最北端の海の幸「ホタテ」の貝殻を利用。
ふわりとしたあたたかな光が奏でる、幻想的な雰囲気をお楽しみください。

3種類のお湯を楽しむ

大浴場は男女それぞれ設け、3種類の湯をご用意しております。
炭酸水素塩泉で皮膚病などに効果がある稚内温泉声問の湯、
夏季限定の「露天風呂雪あかりの湯」、
そしてめぐまオリジナルの「人工温泉めぐまの湯」。
肌がしっとりツルツルする感覚をお楽しみください。
温泉成分表
源泉名 稚内声問温泉
泉質 ナトリウムー強塩化物・炭酸水素塩泉(弱アルカリ性高張性低温泉)
主な適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復など
主な禁忌症 急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全など
pH値(湧出地) 7.5
pH値(試験室) 7.52
密度 1.0154(20/4

日本最北端の隠れ宿ホテルめぐま

Copyright © 2017 ホテルめぐま All Rights Reserved.